PaySpark – カードの申請 –
PaySpark

PaySparkを使えるようにするために手続きが必要なので、順を追って説明していきます。

案内メールが送られてきたら、まずはPaySparkのサイトへ進みます。

http://www.payspark.com/ (PaySparkのWEBサイト)

ここで、メールに記載されている「Logon Name」と「Password」を使ってログインします。

PaySpark

ログオンできたら必要事項を入力していきます。

  • First Name : 名を入力(通常は既に記入されています)
  • Initials : 入力不要。
  • Last Name : 姓を入力(通常は既に記入されています)
  • Email : メールアドレスを入力(通常は既に記入されています)
  • Date of Birth : 生年月日の日、月、年を選択。
  • Gender : 性別をリストから選択(男性:Male、女性:Female)
  • Gov. ID Document : パスポート番号か運転免許証番号を入力。

入力できたら「Next」ボタンを押して次のページへ進みます。

PaySpark

引き続き、必要事項を入力していきます。もし前頁で間違いがあれば「Back」を押します。

  • Physical Address : 市区町村以降の住所を入力。
  • City : 市区町村名を入力。
  • State : 都道府県名を入力。
  • Country : リストから国名を選択。
  • ZIP / Postal Code : 郵便番号を入力。

入力できたら「Next」ボタンを押して次のページへ進みます。

PaySpark

次のページでは、電話番号を入力します。

Work Phone、Home Phone、Mobile Phoneの3項目のうち、Home Phoneだけを入力すれば、残りの2つは省略することができます。

入力方法は普段のカジノと同様に、頭に国番号をつけて市外局番の0を省きます。
例 : 03-1234-5678の場合、81312345678

PaySpark

続いてログオンするための新しいパスワードを設定します。

  • New Password : 好みのパスワードを入力。(必ず数字を1文字以上含める)
  • Confirm Password : 確認のため上で入力したパスワードをもう一度同じ入力。
  • Password Hint : パスワードのヒントを入力(省略可能)
  • Terms & Conditions(規約)を読んで同意できれば、ボックスにチェックをする。

※ここで設定したパスワードは、今後PaySparkで使いますので忘れないで下さい。
最後に「Submit」ボタンを押します。次のページで「Thank you for registering.」と表示されますので、「Finish」を押します。このあとPaySparkからメールが届きます。

PaySpark – 身分証明書類の送付 –

ウェブでの申請の後、PaySparkから送られてくるメールの指示通り、指定の書類を送付して申請を完了させる必要があります。

  • 政府発行の身分証明書(パスポート。所持していない場合は、運転免許証)
  • 住所が確認できる公共料金の請求書 (電話、電気、ガス、水道)

これらの書類のコピーに「PaySpark Logon Name」、「フルネーム」、「メールアドレス」を必ず記入して、メールに記載されている指定のFAX番号に送ります。もしくは、スキャナーがあれば書類をスキャンしてメールに添付して指定のアドレスに送ります。なお、メールで書類を送る場合、件名を「documentation for application」として、本文に「PaySpark Logon Name」と「フルネーム」を明記するのを忘れないで下さい。

書類を送付して数日後、審査を通過して承認されると「Activation code(ATM Account)」という番号がメールで届き、カードが郵送されてきます。送られてくるカードは、デビットカードとスクラッチすると暗証番号が書かれてあるカードの2枚あります。「Activation code」と「カード」の両方を受け取ったら、アカウントを有効なものにするために「Activation(アクティベーション)」という手続きが必要になります。

注意 : カードが先に届いても、メールで「Activation code」を受け取るまでPaySparkは使えません。
私の場合もカードは、書類提出後3日目に到着しましたが、審査を通過して「Activation code」を受け取るまでに9日かかりました。

PaySpark – アクティベーション手続き –
PaySpark

「カード」と「Activation code」を受け取ったら、PaySparkアカウントを有効なものにするために「Activation(アクティベーション)」という手続きを行います。

まず PaySpark で、Logon Nameと自分で設定したパスワードを入力してログオンします。
My Accountsに進んだら下の「PaySpark ATM Account」ボタンを押します。

続いて、次ページで2つあるボタンのうち「Activate Account」の方を押します。

PaySpark

Account Activationのページに進んだら、以下の項目を記入欄に入力します。

  • Card Number : 16桁のカード番号を入力。
  • Activation Code : メールで届いた「Activation code(ATM Account)」を入力。

最後に「Submit」ボタンを押します。「Thank you for Activating your account.」と表示されれば手続き完了です。これでPaySparkを使えるようになりました。

なお、払い戻しをPaySpark口座へするには、Proc-Cyberのサイトで手続きをします。

PaySpark – 払い戻し指定手続き –
PaySpark

PaySpark口座へは、Proc-Cyberが決済を担当しているカジノから払い戻しする事ができます。払い戻し手段にPaySparkを選択するには、事前にProc-Cyberで手続きが必要です。

まずはProc-Cyberのサイトへ進みます。

http://www.proccyber.com/ (Proc-CyberのWEBサイト)

ページを開いたら、Transactionsをクリックします。

PaySpark

次のページのE-cash account number入力欄にPaySparkを使いたいカジノのアカウント番号を入力して、「Next」を押します。

続いて「Cashin Options」のPayspark Cash-in / ATM card applicationをクリックします。

PaySpark

次に、PaySparkのログイン名とパスワードを入力してEnterを押します。

次のページで、ATMの番号が表示されている事を確認したら「submit」を押します。
すると「You have selected to cash-in to ATM account no *******,continue?」とダイアログが出ますので「OK」を押します。

これで、今登録したカジノからの払い戻しは、PaySparkアカウントに払い戻されます。

PaySpark – 残高の確認 –

PaySparkアカウントの残高を確認する方法は、PaySparkにログインして、左側のメニューから、「My Accounts」 → 「ATM Account」 → 「Statement Request」と選択して行くと、別ブラウザが立ち上がって詳細な口座情報が表示されます。なお、ここで表示される口座情報は多少のタイムラグがあります。

PaySpark – 現金の引き出し –

CirrusかMaestroロゴのある郵便局や銀行のATMやCD機から「infinia card」を使って、現金を引き出します。
郵便局のATMで引き出すときは「郵便貯金お引出し」を選択してカードを入れてください。カードの性質的についつい「その他のお取扱い」や「提携取引等」を選択してしまいがちですが、こちらからは海外発行カードを利用できないので注意して下さい。

PaySpark – チップの購入 –

Gaming Cardのロゴのあるマイクロゲーミング系カジノ(一部を除く)では、PaySparkカードをチップの購入手段としても使用できます。

使用方法はカジノでクレジットカードやデビットカードを使う時と同じです。なお、「Card Brand」は「MasterCard」を選択。「Type of Card」は「Credit Card」「Debit Card」のどちらでもかまいません。「Bank Name」には、「,」「.」などの記号は入力できないので「L and G Bank SAL」と入力します。なお、「Gaming Card」を選択して、クレジットカード等と同じように必要項目を入力しても購入可能です。

PaySpark – アカウントへの入金 –

PaySparkアカウントへの入金は、基本的にオンラインカジノからの払い戻しによって行いますが、電信送金による入金も可能です。

アカウントへログインして、左側のメニューからMy Accounts → ATM Account → funding → Wire Transferと選択していくと、送金先の銀行口座についての情報が表示されますのでこれを印刷するなどして控えます。
これらの情報を銀行の海外送金依頼書に記入して送金します。送金先の口座に着金次第、PaySparkアカウントの残高に反映されます。

PaySpark ─ 申し込み方法 ─
PaySpark
申請ページ記入方法の拡大図

オファーは無いけれど、どうしてもPaySparkを使いたい人は、申し込みをすることも出来ます。

こちらのページ でカジノアカウントを入力し、次に「Payspark Cash-in / ATM card application」をクリック。次の「PaySpark Cash-in」ページで「Click here」のリンクをクリックすると申請ページに進みます(左図)ので、ここで必要事項を入力します。

  • First Name : 名
  • Initials : 入力不要。
  • Last Name : 姓
  • Date of Birth : 生年月日
  • Gender : 性別(男性:Male、女性:Female)
  • Gov. ID Document : パスポート番号か運転免許証番号
  • Address : 市区町村以降の住所
  • City : 市区町村名
  • State : 都道府県名
  • Country : 国名
  • ZIP / Postal Code : 郵便番号
  • Work Phone : 省略可
  • Home Phone : 自宅の電話番号
  • Mobile Phone : 省略可
  • Email : メールアドレス

入力できたら「Submit」を押します。運がよければ、受付のメールが届くかもしれません。

Copyright © 2018 www.onlinecasinotown.jp All Rights Reserved